PERSON3
ふじたけいこ/レプラホーン


夫婦で、新田で、24年


 夫婦でレプラホーンをはじめたばかりの頃は、娘をおぶって接客をすることもあり、子育てとの両立に悩むこともありました。それでもお店を続けてこられたのは、私たちのペースで営業をしても変わらず見守り続けてくださっている地域のお客様のおかげです。

 4年前に草加のまちづくりイベントに参加して、昨年はキッチンカーを使ってイベントなどでコーヒーやかき氷の販売を始めたのですが、それまで知らなかった方々とのつながりが増えて、仕事がますます楽しくなってきました。

 お店のほうも、これまで続けてきた珈琲豆の販売だけでなく、地域の方にくつろいでいただける場所にしようと準備をしています。頑張りすぎず、だけど時代に合わせながら、これからも続けていきたいですね。


【profile】

ふじたけいこ/レプラホーン

サラリーマン時代に夫婦で南千住のカフェ・バッハで修行し、1996年にレプラホーンを開店。レプラホーンブランドをはじめとする自家焙煎の珈琲豆はすべて店内で試飲可能。

つなぐば家守舎

つなぐば家守舎は「母親が笑顔で輝いて生活できるまちづくり」を目指して活動しています。